<< バランス調整:アシストパーツ | main | オンラインサービス停止 >>
2012.02.19 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.02.08 Thursday

バランス調整:全体の傾向

パーツ毎の詳細だけではわかりにくい為、おおまかな傾向をまとめました。

■LEG
 二脚【→】変化無し
 逆脚【↓】平衡特性-20
 多脚【↑】転回速度+20
 キャタピラ【↑】耐久値+1500〜+1800 KE:CE装甲特性+20〜+30 駆動出力+5
 ホバー【→】変化無し
 ホイール【↑】駆動出力+10〜+20

■NA
 NA Maker【↑】NA半径+70〜+180

■Heavy arms
 Huge rocket【↑】侵徹性能-70 装弾数x2 装填時間-300〜-600
 Missile【→】侵徹性能-20〜-30 装弾数-2〜+3 装填時間-500
 Huge cannon【↓】耐久値-1300〜-2200 KE:CE装甲特性-10〜-20 ※初弾と次弾の発射間隔が開いた

■Light arms
 Machinegun【↑】着弾熱量+10
 Grenade【↑】侵徹性能+50〜+100 装弾数+4〜+12
 HEAT rocket【↑】装填時間-800〜-1400
 Shotgun【↑】侵徹性能+50〜+80 装填時間-1000 ※撃っても脚が止まらない
 Assault rifle【↑】装弾数+30 装填時間-200
 Sniper rifle【↑】侵徹性能+60〜+90 装填時間-800〜-1800
 Sniper cannon【↑】侵徹性能+100〜+200 装填時間-1000〜1500
 Rocket【↑】侵徹性能+30 装弾数x2 装填時間-500
 Cannon【↓】装填時間+300
 Howitzer【→】変化無し
 Mortar【↑】侵徹性能+-0〜-85 着弾熱量+60〜+220 装填時間-1000 焼夷弾の侵徹性能+36
 Anti HOUND pile【↓】装填時間+-0〜+1500
 Land mine【↑】侵徹性能+300 装填時間-1000〜-5000
 Bomb dispenser【→】変化無し

■Assist parts
 Radiator【↑】放出熱量x2
 Armor【↓】耐久値-1000〜-1300 KE:CE装甲特性-10〜-15
 Armor(Reactive)【↓】耐久値-500〜-700 KE:CE装甲特性-15〜-20

■その他
 【↓】爆風が発生する武装は全体的に爆風半径が狭くなっている?
 【↑】KE弾の弾速度が上昇し、反動もそれに伴い上昇している?


■個人的な総評
・ヒュージキャノンが脆くなり、初弾と次弾の発射間隔が大きくなり、
 爆風の半径が(多分)狭くなりました。
 逆脚の平衡特性も軒並み下がりました。
 これらの調整でヒュージアタッカーが大幅に弱体化しています。
 今回の調整で歓迎すべき改善点です。

・アンチヒュージアタッカーとしての役割が大きかったキャノン機体の価値は
 相対的に下がりました。リロードタイムも若干伸びています。
 ショットガンの躍進やそれに伴う出現機体傾向の変化も予想される為、
 キャノン機体にとっては厳しい時代になりそうです。

・ショットガン発射時に脚が止まらなくなり、リロードも早くなりました。
 ちょっと無茶ではないかと思えるほどに強化されています。
 4門だと司令部破壊まで32秒。全員でかかると約6秒の計算です。
 現状、司令部突撃を止める手段がありません。
 ヒュージアタッカーに代わるバランスブレイカーになりそうな予感がします。

・アサルトのリロードが早くなりました。約0.2秒は大きいです。
 開けた場所だと一瞬で脚が飛びます。

・ショットガン、アサルト等の性能向上により、全体的に軽火器装備の
 アタッカーの地位が向上しました。
 更にホイールの速度が上がったことにより、(真面目に戦闘をするのであれば)
 従来よりも高速なスカウト寄りのアタッカーが戦術的に非常に重要な位置を
 占めるようになったと思われます。

・マシンガンは発熱量が上がっていますが、ショットガンとアサルトの
 地位向上に伴い、相対的に価値が下落しているかもしれません。
 迫撃砲にも同じことが言えます。

・キャタピラが大幅に硬くなりました。
 今後キャノン機体が減少していくと予想される為、
 かなり落ちにくくなるのではないかと思われます。
 キャタピラはコマンダーやディフェンダーとして活躍できそうです。

・盾の耐久値、装甲特性が大幅に下がりました。
 リアクティブアーマーは存在意義を失ったと言っても過言ではありません。
 盾の時代は終了したように思われます。
 盾無しに走るのはさすがに厳しいですが、盾を多用する当スカッドは
 根本的な戦略の変更が必要になるでしょう。
 (機体紹介で紹介されている機体の多くは時代遅れになるということです。)

・KE弾の弾速が上昇しているようです。
 盾の弱体化と相まって地位が向上する可能性があります。

・まだ数時間しか触ってないので結論は出せないものの、
 「バランスを良くしようと試行錯誤した」というよりも、
 単純に強かった武器を下げ、使い勝手の悪かった武器を上げてみただけ、
 という印象を受けます。
 廉価版の発売に合わせて再度のバランス調整を行うことを見越して
 今回はベータテスト的に調整が行われたのかもしれません。
2012.02.19 Sunday

スポンサーサイト

コメント
パーツカテゴリによってはパーセンテージのほうが正確かもしれないです?
タンクの場合、耐久125% KE135% CE160% とか。
直感的にわかりにくいですけどw
  • 2007.02.09 Friday 09:35
typo
多脚【↑】展開速度+20
    ↓
多脚【↑】転回速度+20
  • 2007.02.09 Friday 15:23
転回速度に直しました。
ありがとうございます。
  • Reffi
  • 2007.02.09 Friday 21:13
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Presented by
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR