<< フォネティックコードとマーカー配置 | main | ほにゃらほにゃら >>
2012.02.19 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.09.26 Tuesday

膠着状態を支配する

お久しぶりです。
何を書こうか迷ったりひたすらクロムをやっているうちに、だいぶ日が空いてしまいました。
ここから先は具体的な操作テクニックや特定の状況下での立ち回り等、
こまごまとした内容を順序にこだわらず、少しずつ書いていこうと思います。

さて、今回は「膠着状態」についてです。
マップによって、稜線を挟んだり、山と山で睨み合ったり、障害物の陰で様子を伺ったり、
平原を走り回りつつ間合いを取ったり、そのケースは色々ありますが、
両軍の前線がぶつかったときには、いずれかのチームが全機突入という判断を下さない限り
基本的に膠着状態が発生します。
両軍ともなるべく自分たちに有利な位置で戦いたいですし、
待っているほうが部隊の陣形が崩れにくいので、こうした状況はかなり頻繁に発生します。
そして膠着状態が発生すると、大抵の場合、両軍ともにスナイパー等の
遠距離武器を積んだ機体が主役となり、稜線の陰に隠れながら撃ち合うことになります。

単純に考えると、膠着状態を支配する為には火力の強い後衛を配置して
ガン待ちすると有効であるように思えます。
しかし実際には、これでは膠着状態を支配したことにはなりません。

膠着状態を支配するとは即ち、膠着状態の

・構築
・維持
・破棄

という3つのプロセスを自分たちの意志で自由に行えるということです。
特に重要なのは、3つ目の「破棄」するという部分です。
スナイパーは膠着状態の構築と維持は得意ですが、
自分自身でそれを破棄することは基本的にできません。
膠着状態を破棄し、前線を押し上げる手段を提供するのは強力な近接火力を持った前衛であり、
真に膠着状態を支配する為には、陰に隠れているだけで一見何もしていないように見える
前衛の存在が不可欠だということになります。

では何故、膠着状態の破棄が必要になるのでしょうか?
例を挙げて説明したいと思います。

例えば、マップ中央付近で膠着状態が発生し、コムバスの数が7対5で
こちらのほうが優位に立っているとします。
もちろんこれは好ましい状況なのですが、そのまま7対5の状態を保つ為に
膠着状態を維持し続けようとすると、相手はそのままでは負けてしまう為、
残り時間がわずかになってきたあたりで必死の進撃を開始します。
(進撃のタイミングはそのときの状況によって残り7分〜1分ぐらいまで様々です)
このとき、こちらが前に出ることができないと、先に動き出した相手チームに
前線のコムバスを占拠され、そこで時間切れとなって負けてしまう可能性が出てきます。
突っ込んでくる敵をうまく殲滅できればいいのですが、
コムバスの陰に隠れられて占拠中の敵を撃てないといった事態が
往々にして発生する為、確実に敵を殲滅できるという保証はありません。
つまり、相手が先に動き出し、こちらのコムバスの近くで戦闘を起こされるということは、
負けるリスクを自ら抱え込むことになるということになります。
(相手に勝てるチャンスを与えてしまっている、という言い方もできます)

膠着状態の破棄ができると、こうした事態を避けることが可能です。
残り時間がわずかになってきて相手が進撃を始めると予想できた場合、
先手を打ってこちらから相手のコムバスに向かって進撃し、
その場所から遅滞戦闘を行えばいいわけです。
こちらはコムバスの数で優位に立っているわけですから、
全滅さえしなければ勝つことができます。
これに対して相手はこちらの前衛を全滅させた上でコムバスを取り返し、
後衛の弾を避けながらこちらのコムバスに向かって進撃し、
更にそれを占拠しなければなりません。

相手から逆転のチャンスを完全に奪い、勝ちを不動のものとする、
いわゆる「詰んだ」状況を作る為には、膠着状態の破棄ができることは必須になります。
また、これには「俺たちはいつでもやめられるんだぜ」と思うことで、
心理的に優位に立てるという効果もあります。
待っているときでも常に攻めの姿勢に立つことは非常に重要です。
もちろん、イーブンや不利な状況では前衛火力がもっと必要であることは
言うまでもありません。
2012.02.19 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Presented by
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR